2021年5月7日、ヒョウ被害など

 5月1日の降雹(ヒョウ)氷の塊みたいなものと強風による農作物への被害が出ています。県の試算(確定値でない)では県全体(第1報)では、被害総額が1憶6418万1千円となっています。そのうち梅被害が大きく全体の約90%も占めています。内訳は、みなべ町で1億3366万1千円(全体の81.4%)、印南町742万4千円、田辺市601万3千円です。
 また実エンドウ全体で1470万8千円、そのうち日高川町で1286万円、印南町で114万7千円、御坊市で45万円。ズッキーニ全体で20万円、日高川町。その他として、パイプ・ハウス等の全体で158万7千円、美浜町で1200万円、かつらぎ町議会では、30万円となっています。

 新型コロナウイルスワクチン接種は、485人が接種、5月10日から第2回目の接種がはじまります。そして5月24日から個別接種がはじまります。

 6月議会補正予算に、国の制度として、子育て支援特別給付金(100%補助)子ども1人5万円支給する予算化。対象者は令和3年度住民税非課税世帯で約600人の見込み。

 町内のしまクリニックが今年の12月末で分娩をやめることになりましたが、昨年度213人の出産中、しまクリニックで88人を出産しています。その他和歌山市内の2つの民間医療機関で20人、医大で27人出産しています。これが和歌山市内の医療機関で出産となるのか。町担当課は県へ要望していくといっていますが…。

有田川町議会議員の一般質問の回数は

 田辺市議会議員選挙が先ほど行われましたが、一般質問どのくらいされているか調べてみるとあまりされていませんでした。それでわが有田川町議会の今期(平成30年3月から令和3年3月議会まで)の一般質問回数をみてみると、今期で毎回やっていると3月議会までで13回となります。あと6月、9月、12月議会残っていますが、それで10回以上質問されている議員は以下の通りです。
 増谷  憲
 堀江真智子議員
 椿原 竜二議員
 殿井  堯議員
 岡  省吾議員
 佐々木裕哲議員
 小林 英世議員

  私は、平成元年度から毎回欠かさず質問を行ってきましたからのべ129回になると思います。

2021年5月4日(火)清水へ

 清水へ行ってきました。あらぎ島では田植えの準備がはじまりました。
 連休中ということもあり、あらぎ島を見に来る人が結構いました。
 2021.5.5.jpg

2021年3月18日(木)清水へ

 清水をまわってきました。国道480線沿いにはサクラが咲きはじめました。
 2021.3.18楠本地内のさくら.jpg

 沼谷地内を走っている林道の側面が崩壊し、通行止めになっています。工事が始まっているのか見に行ってきましたが、まだ始まっていません。花園方面に行くのに遠回りになります。
 2021.3.18林道崩壊.jpg
 2021.3.18沼谷林道崩壊2.jpg

  有田川の土砂の撤去工事が進んでいます。
  遠井のキャンプ場の下側はもう何年も続いていますが、上側でも行なわれています。
  2021.3.18有田川土砂浚渫(鮎かえり).jpg2021.3.18有田川土砂浚渫(鮎かえり).jpg

 修理川地内、かなや明恵峡温泉の第2駐車場の用地にバイオマス発電事業(有田川バイオマス株式会社)の起工式が今年行われます。発電に使う材木です。旧粟生保育所の近くにある空き地の貯木場(第2貯木場)です。
 2021.3.18粟生の樗木場.jpg2021.3.18粟生の樗木場.jpg


2021年3月14日(日)松原区初集会(区の総会)

 地震の影響がなかったですか?
 区の初集会が開かれました。私は書記(区の議事録)を担当しました。
 今年は参加者が少なかったのですが、予定どおり式次第に沿って行いました。
 今年度の事業報告と会計報告、令和3年度の事業計画を確認しました。
 私は、毎年そうですが、議会報告をさせていただきました。
 役員選出では、選挙で行いますが、もう少しで区長に選ばれるところでした。

 松原区の懸案事項は、町道の拡幅整備の早期完成、地籍調査の進捗です。

2021年3月11日(木)2日間の予算説明会終わる

 10日と11日にかけて一般会計予算と特別会計予算の説明が行われました。
 吉備庁舎改修の残事業、きびドーム大規模改修、町道整備、高齢者創作館(かなや庁舎近くで、シルバー人材センター事務所だった)の解体撤去して広場にする。共産党吉備事務所前にある倉庫(昔は風呂屋)解体して森の保育所保育士の駐車場に。鉄道公園・道の駅「しらまの里」「明恵ふるさと館」のトイレを様式化にかえます。清水斎場の改修。プラ収集場が高温になるのでミストクーラーを設置。
 福祉関連では、権利擁護センターの事業を社会福祉協議会へ委託します。県内では4市町目にあたります。第3子出産祝い金25万円、乳幼児から高校卒業まで医療費無料。育児用品購入補助(6歳未満)チャィルドシート貸付を廃止する代わりに2品目まで対象、上限5千円で新規の方。在宅育児支援、対象者に3万円。児童発達支援事業、障害児遠距離通所補助金(4㎞以上)。ひとり親家庭医療助成。小中学生のインフルエンザ予防接種助成。新生児聴覚検査助成(上限5千円)。風疹ワクチン接種助成(1万円)。災害時に活用できる災害井戸の表示。
 総務・消防関係では、区が払っている防犯灯の電気代の殆どを町が負担することに(ただし、風力事業者が20年間、300万円の寄付を財源に)。12誘導心電図装置2基購入(心臓病対応で、医大と協議中で救急車から心電図を医大まで送って医師の指示など受け、迅速に対応できる)県下では有田川町がはじめて。11トン後方支援車(災害時に拠点で宿営し指示を出したり、テントやトイレも配備)が令和5年に国から配備してくれるので大型免許取得予算化。中型免許の取得は採用時に個人で取得せよと言われているのに、大型免許取得に補助(20万円ぐらいかかるので半額補助)を出すというのは整合性に欠けるのではと指摘されていました。今大型免許取得者は32人。年内に2人取得させる見込み。下湯川のヘリポート場の舗装(順次舗装していく)。
 衆議院選挙と町会議員選挙費(来年1月末ぐらい)。議会のインターネット録画配信費用。周遊定額タクシー事業運行補助金は利用者が少なく、前年より約90万円減らし、約102万円に、公共交通のあり方を見直す必要があります。路線バス定期券購入補助、有田川町すまい給付金(住宅新築時に11万円を)
 農林・商工関係では、有害対策費はかなり増やしました。林業機械購入補助(草刈り機、チェンソーなど)1人10万円まで。薪ストーブ購入補助(5万円)。カジノナガキクイ虫(カブトムシの仲間とか)駆除対策(藤並神社などに発生していた)。切り捨て間伐補助金(13万円)。町産材利用補助金(新築20万円、改築5万円、ウッドデッキ5万円)。新規就業補助金(就業一時金30万円、月額補助2万円)。女性・若者起業支援補助金(上限50万円)。特産物開発奨励補助金(上限3万円)商品ブラッシュアップ(今ある商品のリニリューアル)促進補助金(上限20万円)。あき店舗等活用補助金。
 建設関係その他では、住宅・建築物耐震改修補助金。吉備地区の都市計画作成委託。町営住宅の改修。
 教育委員会関連では、ギガスクルーについては予想通り、使用時間が少ない割には今後維持管理等についてかなり予算が必要になってくるようです。海外研修予算組んでいますが、渡航代の上昇やコロナ感染の中で行けるのか。英語教育などで海外から(今回、カナダから)きてもら場合、コロナ感染の中で入国した場合、入国した次の日から2週間ホテル等で待機させる予算(町負担です)化。田殿小学校の給食を民間委託に?各公民館でのコロナ対策(感染拡大予防)ガイドラインは徹底されているかと聞きました。ガイドラインを渡したという回答。公民館の総合保障制度を実施します。
 なお、各補助金などは、件数に限りがあります。

 新型コロナウイルス感染症対応では、地方創生臨時交付金は、第3次補正分で2億8747万5千円です。内容は経済対策です。町内に本社がある法人と町内に事業所がある個人事業者が対象になります。令和2年1月から12月の売上高をその前年同月との比較で
 ①50%以上減少している法人は30万円、個人事業者は15万円を上限。
 ②80%  〃        100万円、  〃  50万円を上限。
これまでの交付金合計は9億1339万3千円です。
これまでの事業を含めた全事業全体の事業費は14憶846円(交付金以外の財源は国庫支出金1憶1086万円、ふるさと応援基金3憶3197萬千円、地方債940万円、一般財源4283万3千円です)。



2021年3月8日(月)風力発電の騒音測定器を見に

 修理川地内の方から風が強い日に風車の音がすごいというので聞きに行きました。
 人家から直線で1.5キロメートルぐらいだそうです。全部まわっていたらどんな騒音になるのだろうか?
 2021.3.8風力発電.jpg

  騒音測定器です。写真は横になってしまいました
  2021.風力発電騒音測定器3.jpg
   

  なお、住民運動をされている方は、低周波音の測定もされたようです。


 栗生に設置された風力発電反対看板です。
 2021.2.25huusyahantaikannbann.jpg

  
  松原・修理川共聴テレビ組合の総会案内文を会員に配ってきました。
  

2021年3月5日(金)社会福祉協議会理事会

 ボランティア連絡協議会、3つの支部の支部長をしている関係で理事の一員になっています。
 2021年度の予算等を審議しました。資金収支予算では、3億6236万円(前年度より約877万円増額)となっています。大きいのは介護保険事業です。収入で約2憶2492万円を見込んでいます。
 また生活等に苦しくなってきたら生活福祉資金などの貸付事業もあります。

2021年3月4日(木)産業建設住民常任委員会

 産業建設住民常任委員会が開かれました。
町都市計画マスタープランの策定に向けて1300万円の予算化しています。新たな都市計画区域を策定し、都市計画マスタープランをつくります。
 町林業研修生受入支援事業補助金の創設(単独)は町内の一定の規模を持つ林業経営者が林業研修生を受け入れて自立できる林業経営者を育てるもので、平均1人当たり100日勤務で賃金や保険料など1か月80万円を事業者に支援します。最大3年間雇用できます。そして林業と農業の副業で生計を立てようといういうものです。
 町山材利用補助金を10月ごろから実施したいと。
 金屋庁舎前にある農家高齢者創作館が老朽化し解体・撤去することになりました。この建物に入っていた民間団体は金屋文化保健センターの3階へ移る話になっています。
 有害鳥獣対策事業ですが、捕獲が増える一方です。特にアナグマ、アライグマの捕獲が増えています。
 しみず温泉は現在の場所から少し離れたところへ建設する設計費が予算化されています。

 政府は後期高齢者医療制度の医療費窓口負担を2022年度から1割から2割に引き上げることを閣議決定しています。これを現状維持することを求める陳情書が町老人クラブ連合会代表と有田川町年金者組合代表から出されていました。今回も継続審査となりました。
 国の負担980億円を減らすねらいがあります。現役世代の負担を減らすといっていますが、実際は1人当たり月額30円の負担にしかなりません。

 一般質問の通告が締め切られました。9番目が片畑議員、10番目が湊議員、11番目が小林議員、12番目が堀江議員です。なお堀江議員の質問は御霊学童保育所についてです。
 16日と17日が一般質問です。午前9時30分からです。吉備庁舎側のエレベーターが工事中なので、議会棟のエレベーターを利用して下さい。


 午後から、清水へいきました。
あらぎ島です。
 2021.3.4あらぎじま.jpg

2021年3月3日(水)総務文教福祉常任委員会を傍聴

 総務文教福祉常任委員会を傍聴しました。私の他に3人の議員も傍聴。
 石垣小学校が侵入されたことを受けて防犯対策として防犯カメラ6台を設置、現在町内の小中学校に24台設置されています。今後、警備強化を進めていくようです。
 御霊学童保育所が満員になってきたので、第2御霊学童を御霊小学校体育館内に設置することになりました。現在25人前後の応募があるよいうです。
 消防団員の報酬(年額)が各2千円引き上がります。昨年の決算委員会で、国が引き上げを求めていることや有田の中で一番低かったことを指摘したのが実現しました。支団長が87000円に、副支団長が54000円に、分団長が42000円に、副分団長が25000円に、班長が22000円に、団員が20000円になります。とりあえずよかった。
 次期3年間の介護保険事業計画で保険料が据え置きになりました。基準額で6200円(年間74400円)第1段階が1860円、第2段階が3100円、打3段階が4340円、第4段階が5580円、第6段階で7440円、第7段階で8060円、第8段階で9300円、第9段階で10540円です。
 コロナワクチン接種の準備状況の説明がありましたが、まだ医療従事者への接種もめどがたっていません。
 あと、吉備庁舎大規模改修の進捗状況、きびドームのの改修工事についてなどの説明もありました。

 吉備庁舎下の交差点付近でのストリートアピールに参加しました。今回20人が参加。
 2021.3.3ストリートアピール.jpg2021.3.3ストリートアピール.jpg

2021年3月2日(火)3月議会開会

 3月議会が開会しました。初日に議決した議案の中で、医療従事者(約1000人×2回)への新型コロナウイルスワクチン接種と高齢者などへの接種のための準備費用約1518万円。接種を急ぐといいながら和歌山県には医療従事者用のワクチンもまだ届いていないことが分かりました。
 有田管内で医療従事者が接種する場合、有田市民病院にワクチンが届き、そこから西岡病院と南病院に届けられ、この2つの病院で接種することになります。
 医療従事者は、医師、保健師、歯科技工士、調剤薬局の薬剤師、町保健師、消防職員で救急業務従事者が該当します。

 またR2年度一般会計補正予算では、コロナ関連の予算が多いのですが、R3年度へ繰り越して使うのが多いです。
 繰り越す事業で大きいのが、広域圏事務組合の特別養護老人ホームの「潮光園」移転改築約2億1107万円、建設用地の問題でもめているので繰越です。また町持続化給付金事業約1億9008万円、特別出産給付金事業約400万円(10万円×40人分)、町すまい給付金286万円、
各学校へのコロナ対策として消毒液など配る予算1080万円(藤並小160万円、吉備中120万円、その他80万円)。
 道路整備で、町道歓喜寺松原修理川線で工事分で7000万円の追加、県工事で急傾斜事業で谷地区、宇井苔地区、下湯川地区、二沢地区があります。林道では、楠本・境川線の工事分で7700万円、果樹試験場近くのやまぐち池の改修の事業計画作成業務に700万円、有害鳥獣捕獲報償費約343万円(2/2までの申請分の対応)アライグマやアナグマが増えているそうです。
 御霊学童開設準備のための約1110万円。ふるさと応援寄付金返礼品(みかんが第一位、第二位がうなぎ、第三位がブドウ)4800万円、なおふるさと応援のための事務をするふるさと応援班体制にするようです。
 減収補填債で約5028万円。

 国保特別会計補正予算では、災害臨時特例補助金(コロナ対策での税の減免)約140万円(100%補助)。一般被保険者延滞金118万円(当初400万円が増えて518万円に)のべ200件、一般被保険者第三者納付金(交通事故)21件で約424万円。

 一般質問の通告がはじまりました。初日に通告を出した議員は8人です。1.椿原議員、2.佐々木議員、3.中島議員、4.殿井議員、5.増谷、6.谷畑議員、7.亀井議員、8.岡議員です。

 議場のモニター画面がこれまでより鮮明になりました。
 DSC_9679[2].JPG



2021年3月1日(月)一般質問通告準備

 明日から3月議会が開会します。開会と同時に一般質問の通告の受付もはじまります。
 私は、今回、初日に通告を出そうと思っています。
 質問予定項目は、1.風力発電事業について
         2.林業施策について(自伐型林業の提案など)
         3.新型コロナウイルスワクチン接種と経済対策について

20221年2月28日(日)龍神へ

 今日も龍神村へビラ配布に行きました。
2021.2.28竜神柳瀬景色.jpg2021.2.28竜神柳瀬景色.jpg
 配布中に薪窯パン「五風十雨」というパン屋さんがあったので買ってきました。

午前中、清水へ、楠本から紀美野町へ通じる合流点のところに看板が設置されていました。
 2021.2.28看板設置(楠本).jpg

2021年2月27日(土)田辺市議選挙への支援

 今日、金屋支部の方々と田辺市議選挙で川崎五一さんに代わって正垣やすひとさんが出ます。正垣さんを紹介するビラの配布に行きました。
配布途中に地元の方々からいろんな声を聞かせていただきました。
 2021.2.27tanabesi senkyoouenn.jpg2021.2.27tanabesi sennkyo応援.jpg2021.2.27masagakibira.jpg

 午前中、支部の方々と街宣4カ所と赤旗新聞を紹介したビラを70枚配布してきました。
 2021.2.27gaisennsyasinn.jpg
2021.2.27gaisenn 1.jpg


2021年2月26日(金)議案調査、ボラ連打ち合わせ

 3月議会で提案される議案(初日に議決予定の)の内容を聞きに行きました。

 また出生数も調べてほしいと伝えたら、さっそく送ってくれました。
    H29年度    H30年度   R1年度  R2(4月からR3年1月末まで)
    吉備140人  186人   162人  156人
    金屋 13人   16人    22人    20人
    清水  7人    9人     7人     4人
    合計160人   211人   191人  180人

 ボランティア連絡協議会の3支部(旧吉備、金屋、清水)長会議を開催し、今年度の活動の打ち合わせをしました。


 田辺市はこの4月議員選挙と市長選挙があります。議会では議員定数を2つ減らすことを十分な審議もせず決めたとお聞きしました。
 22議席から20議席になります。
 ところで田辺市の議員と有田川町の議員の何%が一般質問しているか調べてました。令和2年度の3月から12月議会)
        3月議会  6月議会  9月議会  12月議会
  田辺市   36.4 50.0  50.0  63.6%
  有田川町  50.0 50.0  68.8  43.3%
 R3年度田辺市の一般会計予算全体に占める議会費は6.69%しかありません。また市庁舎建設にいろいろと課題や問題点があるのに指摘  をしない議員が多いと聞きました。結局定数を減らしても何も指摘しない議員が当選すれば田辺市はよくならないのではないかと心配します。
  減らす理由は何なんでしょう?
 共産党議員は毎回質問しています。

2021年2月25日(木)有田聖苑議会開会

 令和3年度、有田聖苑(火葬場)事務組合議会が開かれました。有田聖苑事務組合は有田川町、有田市、広川町の1市2町で
構成している火葬の業務を行っています。施設の場所は吉見にあります。議会は有田川町議会議場を使います。
 年間予算は約5250万円、火葬業務に約2900万円。人で760体、小動物(30㎏以下)で920体見込んでいます。
 今年もコロナ関連で心配なので質疑しました。
 普通亡くなった場合24時間以上置かなければならないのですが、感染で亡くなった場合、24時間以内に火葬してもよいとなっています。そうなると優先して火葬されるのか。答えは特に優先されない。昼間に火葬があった場合、業務時間以降に火葬する予定と答弁。業者と協議が必要ではないかと求めておきました。
 火葬場での手順、注意事項、手袋、骨壺など搬送及び火葬に必要な準備と廃棄方法など協議はどうか。またマニュアルの作成、火葬業務に従事する者、関係者での協議はどうか。答えは、ガイドラインにより協議している。葬祭業者・火葬業者等の関係者と情報を共有しているという答弁。
 遺体への対応は、毎日新聞の「コロナ死 対面なき火葬」という記事にあったように慎重に行うよう求めました。

 また、今後の方向として、火葬炉設備をどうするかの方向性も示されました。これは以前から火葬炉の修繕に毎年600万円以上使っているのと年数が結構たってきているので方向性を求めてきたことによるものです。

 午前中、清水をまわってきました。

3月議会の日程決まる

 2月24日、議会運営委員会が開かれ、3月議会の日程が決まり、議案が配られました。
3月2日(火)午前9時30分から本会議(議案等を提案)、タブレット端末導入検討作業部会(増谷)、広報公聴常任員会(増谷)
  3日(水)午前90時30分から総務文教福祉常任委員会(堀江)
 4日(木)午前9時30分から産業建設住民常任委員会(増谷)
      正午で一般質問通告締め切り
 10日(水)・11日(木)予算研究会(12日予備日)
 16日(火)・17日(水)一般質問
 23日(火)・24日(水)本会議(議案質疑・討論・採決)

一般会計補正予算(専決)で医療従事者等へのコロナワクチン接種の予算が組まれています。ただし、高齢者等の接種については国から時期が明確に示されていないということで当初予算には計上されていません。
 R3年度一般会計予算で165億2千万円。特別会計予算の主なものでは、国保特別会計予算で約35億1691万円、後期高齢者医療特別会計予算で約7億6026万円、介護保険特別会計予算で約32憶5115万円、簡易水道事業特別会計予算で4億7918万円、公共下水道事業特別会計予算で約12憶6984万円、農業集落排水事業特別会計予算で約3億701万円となっています。
 一般会計予算の大事な財源である地方交付税ですが、合併前の旧3町が存在するという位置づけで交付税を計算していたのが、いわゆる1本算定、一つの町となった計算式で交付税が来るようになっています。多分数億円減少(合併前は10億から12憶円減ると言っていた)だと思います。
会議規則の一部改正も予定しています。議員が公務、疾病、出産、育児、看護、介護、配偶者の出産補助等、やむを得ない場合、欠席届ができるようになりました。特に、出産や育児、配偶者の出産補助が具体的に明記されたことはいいことだと思います。



2021年2月19日(金)街頭宣伝

支部の方と金屋の生石地区(うぶいしちく)の4カ所と市場で街頭宣伝しました。今の自民党政治でいいのか、コロナ対策と経済対策に頑張ること、今年の衆院選挙で日本共産党を大きくしていただき野党連合政権をつくりたいと申し上げました。
 2021.219gaisenn.jpg

2021年2月18日(木)清水へ

 清水地域をまわってきました。二沢や北野川地域では県森林機能回復緊急間伐事業が行われています。また二沢では急傾斜地崩壊対策事業が二沢の集会所の上ではじまっています。
2021.2.14yamanokinobaxtusai.jpg

三瀬川地域では、復旧治山工事が2カ所で行われています。
2021.2.18misegawatiksann2.jpg
2021.218misegawatisann1.jpg


2月14日 松原区の溝掃除

 松原区の溝掃除です。毎年ながら結構、土や落ち葉など堆積物がでます。みなさんお疲れさまでした。

 2021.2.14ku no.jpg2021.2.14ku no.jpg2021.2.14ku no.jpg2021.2.14ku no.jpg